小児歯科

当院の小児歯科について

1保育士が在籍しています。

保育士が在籍

小さなお子様を連れて歯科医院に通うのは大変ですよね。
当院では保育士が在籍しておりますので、お母様も安心して治療を受けることができます。

2お子様用のデンタルノートを無料でお渡ししています。

お子様用のデンタルノート

お子様のお口の状況や診察内容などを記載したデンタルノートをお配りしております。
お口の健康管理だけでなく、成長の記録としても喜ばれています。

お子様用のデンタルノートお子様用のデンタルノート

歯はお母さん、お父さんから感染します

歯はお母さん、お父さんから感染します

虫歯は、ミュータンス菌を呼ばれる虫歯菌が出す「酸」によって歯が溶けてしまうことが原因で起きます。
生まれたばかりのお子様のお口の中には、虫歯菌は存在していません。ではどのような経路でお子様のお口に虫歯菌が感染するのかというと、実はお母様、お父様からの感染が多いのです。
同じ食器を使用したり、食べ物の噛み与えによって、虫歯菌が感染してしまうのです。

乳歯の虫歯は放っておいても大丈夫?

乳歯の虫歯

「乳歯の虫歯はいずれ抜けるから放っておいても大丈夫。」というのは間違いです。乳歯の虫歯を放っておくと永久歯に生え変わった後の虫歯のリスクも高まるので、虫歯ができた時はなるべく早めの治療をオススメしています。

特に乳歯は永久歯と違ってやわらかく、虫歯の進行が早いのが特徴です。神経に到達するまでの期間も短く、お子さまの痛覚も発達していないので症状が重症化してからの発見が多く見受けられます。
神経まで虫歯が到達してしまった場合は神経を抜いたり、切断する治療がおこなわれる場合もあります。そうすると永久歯がうまく生えてこなかったり、歯並びが悪くなったりする可能性も考えられますので、乳歯の虫歯は放置せずに早期治療を心がけましょう。

歯科医院で行う虫歯予防

ブラッシング指導

ブラッシング指導

虫歯にならないようにするためにはご家庭での「歯磨き」が重要なポイントです。
当院ではお子さまへ正しい歯磨きの仕方をご指導させていただいておりますのでお気軽にお問い合わせください。

また、お子さまだけではどうしても磨き残しが多いので、仕上げ磨きをおこなう親御さんへも正しい歯磨きの仕方をご指導させていただいております。

歯面研磨

歯面研磨

歯科専門の器具を使って、毎日のブラッシングでは落とせない歯の汚れや着色を落とします。
歯面研磨を行うだけでも、歯の本来の白さを取り戻すことができます。

フッ素塗布

フッ素塗布

虫歯を予防するために歯にフッ素を塗布します。
フッ素にはエナメル質を強くしたり、虫歯菌を抑制させる働きがあります。

痛い思いをする前に予防することが歯にもお子さまにも一番です。

シーラント

シーラント

虫歯になりやすい歯の凸凹をあらかじめ塞いで、虫歯を予防する治療法です。薄いプラスチックでふたをするので、食事や会話を邪魔をすることもありません。

まだ、あまり歯磨きが上手ではないお子さまでも磨き残しを減らすことができます。

ご家庭での虫歯予防のポイント

歯が生えたら歯医者へ

歯が生えたら歯医者へ

お子さまに歯が生えたらまずは虫歯になっていなくても、歯医者へ来院いただくことをオススメしています。
親御さんも正しい知識をつけて、当院と一緒にお子さまの歯を守っていきましょう。

また、早いうちからお子さまに歯医者に慣れていただければ、診療も楽しく受けていただくことができます。

食後のブラッシング

食後のブラッシング

食後はできるだけ歯磨きをするように心がけましょう。特にお子さまは食事の回数が多く、口内が虫歯になりやすい状態が長く続きます。

幼稚園や小学校になってからではなく、小さなうちから習慣をつけるようにすることが大切です。

おやつの時間を決める

食事をすると口内が酸性になるため、虫歯菌が増えやすい環境になります。
だらだらと食事を食べると、口内がいつも酸性の状態になってしまうので虫歯のリスクを高めます。

食事やおやつは決まった時間に食べて、口内を正常化することも虫歯の予防につながります。

糖分を控える

虫歯菌は糖分をエサにして酸をつくりだし、歯を溶かしています。
そのエサとなる糖分を控えることで虫歯菌の活動を抑制することができます。

母子感染を防ぐ

母子感染を防ぐ

虫歯菌を感染させないためにもお母さん・お父さんと同じ食器を使用したり、噛み与えをすることは控えましょう。

できるだけ虫歯菌への感染を遅らせることで、虫歯になるリスクを軽減することができます。